BLOG / BIO

「泣かNIGHT」「踊らNIGHT」レビュー

本日10/1より、爽のコンセプトアルバム「泣かNIGHT」「踊らNIGHT」の配信がスタートです!

それに伴い、私のお世話になっている皆さん、大好きなミュージシャンの皆さんから今作品についてのレビューをいただきました。
本当に本当にありがたく、紡がれた一言一言に喜びを感じています。
爽は10/28の札幌レコ発ライブからしばらくライブ活動を休止いたします。
そうした中で、作品やライブ以外の事を通してまだまだ沢山の方と繋がりたい、そんな意図から今回レビューをお願い致しました。
この場を借りまして、ご協力本当に本当に、ありがとうございます。

いただいたレビュー順に掲載させていただきます。

_____________________

自分について考えた時
思い浮かぶのは大抵ダメな部分で
夜中落ち込むのもしばしば
そんな時、何も言わずただ側に
居てくれるだけの存在。
何考えてんのかわかんない
その素振りが考え過ぎな自分を
もう一度元の位置まで連れ戻してくれる様な
そんな奴の事を思い出した。
まだ泣けるうちは泣いとかないと。

グミ-みちる(Vo,Gt)
http://gumi-sapporo.com

____________________

爽というずば抜けた感受性を持った女の子が生み出した泣かNIGHTと踊らNIGHTという二面性の記録。21才という若さで目まぐるしく色々ことが日々起こり、それでも曲を作り続けることをやめなかった爽の人生そのものがこの曲たちなんだと思う。
声質にこだわった部分がたくさん垣間見えてどちらのCDも好きです。
ぼくは特に泣かNIGHTの凍結雨が好きだな。
しーんみりしてて。

あららら-タクマモトオ
http://ararara-net.jimdo.com

____________________

感情的且つ繊細なボーカルと、柔軟的且つ豪快なリリックが彼女の魅力だと思う。
歌うために生きてる人の作品って感じ。
「泣かNIGHT」は、M1.ホコロビ。
「踊らNIGHT」は、M4.カーテンコールが僕のお気に入りです。
僕は爽さんとご挨拶したくらいで、ライブを観たこともないし、ちゃんとお話ししたこともないけど、きっと優しくて、おちゃめで、キュートで、モロくて、傲慢で、プライドが高い方なんだろなって思いました 笑
そんな世界観が楽曲の細部に配置されてる、人間味溢れる作品のように感じた。

河野玄太
http://kono-genta.com

____________________

爽さんが生み出す「音/声」が川となり…
穏やかに流れていると思いきや、
油断していると濁流となって襲い掛かってくる。
それほど人の感情・生命を揺さぶる力が溢れている。

今、その川はポジティブとネガティブに分かれ流れている。
その流れに乗りながら、いずれ1つになる海に潜る日を心待ちにしています。

AIR-G’ FM北海道-森本優

______________________

細胞が物凄い速さで生まれ変わっていくように、1秒1秒見る景色がどんどん変化して、言いたい事とか考える事がいっぱいあってそれがもう溢れちゃってる。
みたいな人なのかなって爽ちゃんの音楽を聴くと感じます。
とにかく才能がある人ってこういう人なんだろうなと思います。
かっこいいです。

チーナ-椎名杏子(Vo,Gt)
http://www.chiina.net

_____________________

ずっと不思議でした。
この説得力はどこから来るんだろうと。
彼女の歌は隠していたい心の裏側まで見透かされているような、でもずっと見つけて欲しかったような気持ちになる。
今作で少しわかったような気がする。
その説得力の正体。
多分爽にとって「歌う」は「生きる」なんだなぁ。
現代社会を生きる人に必要な音楽。
ありがとう、良い薬です。

Watana Besta SOCIAL club
https://watanabesta.amebaownd.com

_____________________

メロディ、歌唱力、楽曲のクオリティ、言葉の力…。その全てに説得力がある。才能溢れる1人の女性が、音楽という時間芸術を通して発表した2つのコンセプトアルバム。
僕は「泣かNIGHT」に収録されている「歌が歌えなくなっても」という曲に、歌詞、楽曲共にとても心を打たれてしまいました。
歌力の中にも、少し悲しげなビブラートが、優しさの様な愛情の様なものを匂わせます。こういう事は誰でも出来る事ではないと思うんです。
どれだけ表現に真摯に取り組んでいるか、このアルバムを聴くと痛いほど伝わります。
爽さん、歌ってくれてありがとう。いつまでも歌い続けて欲しい。レビューを書かせて頂いた事を、本当に光栄に思います。

SNARE COVER-斎藤洸
http://snare-cover.com

_____________________

音楽を聴いて自然と踊りだしたり歌いだしたりさ、全身で音楽する人っているじゃん?
そういう人が作る音楽が俺は大好きなんだけど、この二枚のアルバム聴いてるとまさに爽ちゃんってそんなミュージシャンなんだなって思います。もう大好き。クソかっこいい!

The Floor – ナガタリョウジ(Gt)

http://the-floor-1214.tumblr.com
_____________________

北の空気を吸い込んだ繊細な歌声に乗せて、
思うままに「泣いていいんだよ」
心のままに「踊っていいんだよ」って、
そっと寄り添って背中を押してくれる。
真っ直ぐな想いを感じるのに不思議とあったかい2枚の作品。
たぶん心が弱ってる時に「凍結雨」とか聴いたら、ひとりで泣かNIGHTしてしまうだろうな。笑
そんな爽ちゃんの作品が大好きです。

ウルトラタワー – 平柿優(Ba)

http://ultratower.net

_____________________

はじめて爽さんの歌を聴いて思い浮かべた色は青色だった。
透明度の高いブルーだった。
何も混ぜない単色のブルー。
今回聴かせてもらってもっと深くて強い青色になっていた。
ブルシャンブルーというのがあるのだけどそれに近かったり群青のような青色でもあった。
いくつかの深い青色が混じったような感じがした。
もしかしたらこっそりと他の色も混じっていたのかもしれない。
これから爽さんの歌の色はもっと変化していくのだろうし、
それが何色になるのかは予想ができなくてスリリングだなと思う。

近藤康平
http://kondokohei.net

_____________________

人の心も誰かとの関係も
時間とともに
めまぐるしく
変化していくものだけど
周りの変化に目がいくばかりで
案外自分の変化には気づかなかったり
鋭感的な爽ちゃんの詩と歌には
そんな自分を見つめさせてくれる力がある
そして素直になっていいんだよと
泣かNIGHT 踊らNIGHTと
肩を叩いてくれる2枚の作品だと思います
同い年の彼女の溢れんばかりの才能には、もう感服です

踊る!ディスコ室町 – 伊藤おわる(dr)

http://odoru.xxxxxxxx.jp/top.html

新しい歌

新しい歌の定義が爽には難しいです。
曲は3日に一曲くらいで作っているし、ライブでやっていない曲はたくさんあるし。
ただ本当に一番新しく完成した曲を昨日初めてライブでやりました。

歌詞とか載せるのはなぁ、とも思っていたけれど、しっくりくる言葉ができたので。

「37.2」

きっとあなたが目の前にいたら
大きな声で叱ってくれたかな
もっと私は無邪気なままで
横顔をスッとなでていたね
あんなに強がって見せてたのに
嫌いな人に似てきた
私はどうして

誰も器用に愛せないし
あなたを愛せずにはいられないよ
あぶくのように消えていけ
綺麗なままで終わりたいよ
どうして1人は苦しくって
体温は涙を止めてしまうの
生まれて初めて
愛に触れた

伝えたい文字が胸を押し付け
瞳の奥を覗くのが恐ろしくて
差し込む気持ちが根付き始めても
わからない様に笑っています
大きな左手に預けるたびに
自分の弱さに気づいた
私はどうして

もっとあなたを分かりたいし
これ以上傷つきたくは無いのに
光の様に輝いて
瞼の裏を離れないよ
どうして2人は混ざり合って
それでも1つになれはしないの
壊したくなる様な
愛に触れた

誰も器用に愛せないし
あなたを愛せずにはいられないよ
あぶくのように消えていけ
綺麗なままで終わりたいよ
どうして1人は苦しくって
体温は涙を止めてしまうの

生まれて初めて

きっと明日も同じ様に
あなたを思い出し泣いてしまうよ
あぶくのように消えていく
涙と共に流れていけ
どうして1人は苦しくって
どうして2人なら強くなれたの

生まれて初めて
愛に触れた

毎日のこと

image

いただいたばかりのアレンジを広い所で1人聞いています。
この曲はまだ一番しか歌詞がきちんと書けて無いので、聴きながら二番からの歌詞を考えています。
夏の曲なので本当は夏にリリースしたら良いのかと思いますが、出せるのは後になりそうです。

今まで色んな曲を沢山書いてきました。
初めて曲を書いたきっかけは、高校生の時にやっていたバンドでオリジナルをやりたいねと言う話になり、札幌駅地下のエスタに1人A4のノートを開き鼻歌を歌いながら歌詞と音をメモしていきました。
作詞は中学校の登下校が始まって書き始めました、書くと言うよりかは携帯電話に打ち込み保存メールBOXにひたすらため家に帰った時に小さいノートに作品を写していきました。
初めて人に評価され賞をいただいた曲は、初めてきちんとお付き合いした人が浮気した時に書いた曲で、彼とは二年半ほどお付き合いを続けましたが音楽にのめり込んでしまった自分の気持ちが発端でお別れして今は何もなかったみたいにそれぞれの生活を関わらず生活しています。
自分の中の葛藤、愛情、嫉妬、汚さ、悲しみ、苦しみ、喜び、色んな思い出を削って言葉にして曲を作ってきました、数えていませんが100曲は去年あたりに超えた気がします。
何をゴールともせず、意味も無く、あるいは意味を超えた行為として曲を作ってきました。

始めたての頃よりもずっと、自分の曲を知ってる人が増えました、ライブのお客さんも1人もいなかった頃から比べ、ありがたいことに最近は沢山の方が聴きにいらっしゃっています。
ライブのお誘いも今年は多く1月から忙しく7月まで過ごす事ができました。

自分の曲は、流行にのれるポップさも、太陽の様に誰かを照らすことも出来ません。
自分のエゴで生み出された音楽は、万人に寄り添えるものかどうかわかりません。
5分越えの曲たちはメディアで流すには長すぎるだろうし、オブラートに包めない感情的な歌詞は暗く重くてタイアップにもきっと使いにくいと思います。
ロックシンガーとしては気持ちが弱すぎで、女性ソロとしては華がなく、アーティストと呼ぶには個性が薄く弱い。
そんなことわかりきっているのに、何のために書いているかもわからずとも汗が出る様に涙が出る様に新しいメロディーが生まれ、普段本音を伝えられない臆病で滑稽な自分から自分を突き刺す様な言葉のフレーズが出てきます。

正直、毎日に充実感があり、毎日嗚咽して泣きそうになり、毎日苦しいです。
向き合えば向き合うほど、進む方向にある壁の高さを実感し、自分の中に確かにあるずるく汚いものに気づき、身の丈の小ささに恥じています。
反対に、作り上げてきた曲達への深い愛情と、欲求が年々高まってもいます。
そんなことをずっと、足を浸けてから、孤独の中頭で処理してきました。
そしてこれからも、理由を必死に見つけられる様に四方八方に走って息を切らしていくんだと思います。

私が、今幸せを感じられるのは、自分の曲がきちんと色付けされ作品になったものを聴く瞬間と、お客さんが顔を輝かせて曲に耳を傾けている瞬間です。
その二つを失ってしまわない様に、もっと頑張らなければと思っています。
理由も無く始まってしまったことに、関わってくれる人間が存在し増えている事に、もっと、もっと沢山のものをお返ししていきたいし、与えたいです、今は何も出来ていないので。

今聴いていた新曲は、大切な人が離れた事実を受け入れるために自分に言い聞かせる様に書いた曲です。
とても悲しかったのに、その時は全然大丈夫な様に振舞ってしまい、そのせいでずっと詰まってた気持ちを消すために作りました。
ただ、この曲にその方が関わってくれることになり、結果として曲が関係を繋ぎ止めてくれた様な形になったことを不思議に感じこの曲に感謝をしていました。

恐らく音楽を続けるうちは、孤独であることに永遠に耐えなくてはいけないのですが、それを受け入れられるよう強くならなくちゃと思っています。

いやはや、アレンジが良すぎてこんなブログを書いてしまったな。
この子もきちんとおめかしされて、少しでも沢山の人に愛してもらえるように、沢山練習しよう。
足りないのはすべて、自分の能力だけだ。
努力しなければ。

P.S
夜の森の匂いって、キャンプの思い出を彷彿させて、温い気持ちになるよね。
キャンプファイアーで好きな子と踊る時の口の渇きと早まる鼓動っていいよな。
歳をとってから青い思い出の尊さを感じるアルアルだなぁ。

藍色

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

年齢を重ねれば重ねるほどに答えがわからなくなる事柄ってありますよね。

特に、すごーくありきたりで何かのコピーアンドペーストみたいな議題になってしまいますが、人を愛する、とはなんなんだろうと大人になる程わからなくなってくる節があります。

あんなに吹きさらしの好意を持ってた高校生、皆に色々言われても堂々と好きだ!なんて言えちゃうところは本当に素敵だったと思います、色んな恋や関わり合いをして重なるほど一番の正解を求め出すくせに正解がなんなのかもわからなくなる気がします。
いや、もしかしたら世の中の方々はちゃんとわかっていて私みたいに悩んではいないかも…?
わかりませんが、考える癖のある自分は色んな仮説を立ててはうーんと消化不良を起こすこと多々です。

そもそも好きな人って、どんな人を指すと思いますか?
ドキドキする人?
一緒にいたい人?
笑顔になって欲しい人?
コレを思ったらそれは恋!みたいな確証ってあるのでしょうか。これ、割といつも悩む議題です。
恋じゃなくたって、人として大好きな人は多くいるし、
特別とかなんだろう?と思います。
もしかすると人が決めたルールのせいでそう思ってしまうだけかもしれませんが、こう、運命の人ってたった一人この世に存在してるみたいに思うじゃないですか。その運命の人を見抜く方法はなんなんだろうとか考えてしまいますよね。
恐らくそういうこっちゃないんですけどね、きっと生活の中で色んな思い出を重ねてとても大切と思う人が運命のになりうるというか。
だからモンパチの名曲の歌詞はわかるわかるうわぁ〜〜つってなるのかもしれないですね…だよなぁ〜〜って言っちゃうもんな、カラオケで歌っちゃうしな。

愛する、と言うのも難しい事ですよね。
凄く大切な人に幸せになってほしいと願う事と、自分が幸せになることが重ならない場合も多くありますし、噛み合わせてくれよ神様〜って思いつつ、そのくらい難しいからこそ恋は人の深みを出してくれるのかなとも思います。
一瞬で恋に落ちたとしても、よく見るとその人が恋をしてる人は別の人だったとか、よくあるじゃないですか、その場合掴み取る派とそれ以上踏み込まない派がいるし。色々ありますし、何が正しいのか正直わかりませんよね。

経験は成長をもたらしてくれますが、それによって自由さが失われたり、なるべく傷つかないように生きようという思考回路になってしまうから、なんだかなぁと思います。
保守的過ぎるのは良くないんだよなぁ、全てのチャンスすら逃してしまうし。
みんな、攻めていこうぜ、全力で皆を応援するぞ。

仕事で成功したい!のも夢ではあるけれど、いつかこう、同じ質量で大事にし合える人、この人をハッピーにしたいって思える人に出会えて穏やかな生活をしたいものです…お金とか地位とかはそんなに無くていいなぁ…。
あ、でもなんか結婚はしなくても犬飼いたいな…ちがうか。

とかく自分は、些細な褒め言葉でネイル綺麗に保とうとか足のマッサージ急にしちゃう痛いところ(すーぐ言葉に浮ついて行動に移す)や、相手に好きを悟られるのが怖くって「まじ、全然好きくねーし(笑)」とか思って無いこと言って「あははそうだよね〜」とか言われて家帰ってアアアッて崩れるような残念な人間ですが、
きっと普通よりも恋愛が下手で書けてる曲が少なからずあると思うので、似た気持ちの女子ちゃん達の背中を押せたらなぁと思います、こんなダサい21歳の女もいるから大丈夫だぞと。笑

多分こんな柄に無い文章を書いてしまったのは、棚の片付けをしてて昔のプリクラとかを見てしまったからだな、絶対そうだな、ダサいな、ダサいしハズいな。

一生かけてじっくり考えて、答えが見つかりますように。

P.S
一番泣けるラブソングはNICO Touches The Wallsさんの葵です、失恋女子会を今後やることがあればカラオケでみんなでハンカチ片手に歌いたい一曲であります。

日焼け

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV

やっとブログを書いています。
本当は書きたい事が山ほどあるのに、何かと忙しくて文字を紡げずにいました、本当は物心が起こった直後の方が感覚を鮮明に表現できるのだけど…アウトプットは時間がかかるから難しいですね。

今は泊まらせてもらっていた東京の家を出まして空港に向かっています。
毎回の遠征で課題なり喜びなどを土産に帰路を過ごすわけですが、今回は本当に色濃い遠征で、毎度のことながら頑張るぞと言う気持ちになっています。

一個ずつ記憶を辿って振り返ろうかな。

まず名古屋、自分にとってはサーキットイベントとかの出演が決まった事が初めてだったので、今回はサカスプのお陰でツアーも組めたわけですが、馴染みのない土地であんなに沢山のお客さんが見にきて下さった事が嬉しかったです。栄ミナミ音楽祭で知ってくれてた人も多くて、来てよかったなと思いました。
6日はサカスプの直後でど平日にも関わらず、ちゃんと見にきてくれた方々いて、アンコール後立ち上がって拍手をくれた方もいて、胸がいっぱいになりました。

名古屋では空き時間で伊勢神宮と名古屋城にいきました、どちらもとっても素敵だった!
そして赤福8個入りの7個を1人で食べました、太りました。
サカスプの後はウルトラタワーのひらがきさんと3人でお酒を飲んだり、あとちゃっかりウーマンラッシュアワー村本さんのラインライブのテレビ電話企画に出演して村本さんとお話したり(募集に応募したというのがあとから恥ずかしくて恥ずかしくてひっそりとしていました)、ああ、村本さんは本当に良い人だったなぁ、名古屋はそんな思い出も出来ました。
全然関係ないけど初めて村本さんとすれ違ったのも名古屋のテレビ局の入口だったので、名古屋=村本大輔みたいな方程式が出来上がりました…。

名古屋から夜移動して京都へ。
京都は人の繋がりを感じた滞在でした。
VOXも長い付き合いになり、その周りで出来た人間関係が本当に大好きで、泊まらせてもらった後輩シンガーちゃんとモーニングを食べたり幸せなひと時でした。
毎回出番をトリにしてくれて、アンコールをくれて、なには恩返しせねばと思っているところです。
京都はライブ前に金閣寺も見てきました、とても厳かだったなぁ。次は銀閣寺も行ってみたいです。

大阪は日帰りになってしまいましたが、本当にお客さんが沢山きてくれて嬉しかったです、物販に列が出来るのってとてもとても嬉しいです…。
大阪のお客さんに会うと、なんだか元気が湧いちゃうんですよね、人柄?土地柄?なのか。
大阪のライブは機材トラブルがあって、最初の曲が途中で演奏できる状況じゃなくなってしまったのですが、もう一回やっていい?って聞いたら拍手と笑顔をくれて凄く嬉しかったです。
ちなみにあのトラブルは、宇宙人からの交信によるノイズだったと勝手に思っています、ビビビ。
ちゃんと大阪でもイベントをやりたいな、計画頑張ります。

終わった後軽くたけしさんと打ち上げをしてそのまま夜行バスへ、7時間揺れていました…毎回バスはなんやかんや疲れてしまいますね。
そして朝7時に新宿についてその日はリハをして、次の日は下北沢でライブでした。
今回は私の大好きなバンド椿屋四重奏のドラムだった小寺さん、そして北海道の大先輩TRIPLANEのケンジさんと3ピースでの演奏、凄く貴重なお時間でした。
東京のお客さんも、会うと嬉しくなってしまって、だらだらと話してしまいました、申し訳ないです。嬉しくってね。

そして次の日飛行機で北海道に戻り、苫小牧で初めてライブをしました!
苫小牧のライブは初めてなのに沢山の人が来てくれて、勝手にツアーファイナルみたいな気持ちがあったのもあり帰ってきたぞーってテンションで演奏してました。
遅い時間だったのに皆わざわざアンコールもくれて、とってもとっても感謝です。

各地を沢山回るようになって2年ほど経ちましたが、やっぱり各地で出会いがあり爽を知ってくれるのが一番嬉しいです。
中にはお友達や知り合いにオススメしてくれる人もいて、一緒にライブきてくれたりして、ありがとうと深く頭を下げたい気持ちです。
各地でことごとく、新しい音源!買いたい!と言っていただけたので、頑張って新譜を早くお届けできるようにしたいと思います。
うぉー頑張るぞ!!!

結局ただただ旅の報告みたいになってしまいましたが、伝えたいことはシンプルに。

あなた達がいて、爽の音楽が存在出来ています、本当にありがとう、また絶対会いに行くから。

さて、今日は録音を家で頑張りますよ。

P.S

夏気分で日焼けして帰ってきましたが、余裕で札幌寒いっすね…もうすこしあったかくなったらキャンプと釣りがしたいね。

BIO

bio

1994.11.10 / 22歳

呼吸をするように詩を紡ぎ、瞬きをするようにメロディーを奏でる___
札幌出身のシンガーソングライター。
エモーショナルで壮大な世界観の曲、実体験を元にした心に深く突き刺さる歌詞、そして凛として柔らかく強い歌声が、人々を大きく引き込む。


遍歴

2012年12月20日、Youtubeに自身で作詞作曲をした「現代の問題」を投稿し、爽としての活動を開始。
2月23日、初ライブと同時に自主制作の四曲入り DEMO 音源「EARTH」を販売開始。
3月24日、MI JAPAN札幌校が主催する「High school jam battle」にてグランプリを受賞。
2013年9月28日、Youtubeの動画をYAMAHA主催のThe 7th Music RevolutionのURL応募、SAPPORO SEMI FINALに出場しグランプリを受賞。10月19日、東日本FINAL出場、グランプリ受賞。

2014年1月12日、JAPAN FINAL出場、楽曲のウェブ人気投票で14組中5位に入る。
3月23日に自身初のワンマンライブ「夜天光のハジマリ」を開催し、初めてながら70人をソールドアウト。
9月1日、First CD「REPLAY」を発売開始。
2015年7月31日に完全一人の弾き語りワンマンライブ「アナスタシア」をKRAPSHALLで開催、120人ソールドアウト。
8月5日、自身初の全国流通盤、1st Album「HAKU」をリリース。リード曲「揺るぎない」がSTVラジオ8月の推薦曲に抜擢、購入者DL特典の「AGAIN」が札幌競馬場テレビCMに決定。 収録曲「愛」がFM滝川「アフターファイブブレイク」エンディングテーマに抜擢。2016年元旦より「箒星」が株式会社札都CMソングな起用。
北海道のみに限らず、東京・大阪・京都・名古屋などでも精力的にライブを行う。